毛穴に効く美顔器は?

化粧水

「化粧水」=うるおいと考えがちですが、実はそれは間違いです。

化粧水はつければそのまま肌の水分として保持されるわけではなく、化粧水だけでは肌の充分な保湿はかないません。それは化粧水の主成分は知ってのとおり、ほどんどが「水」。残念ながら水の中に保湿成分はあまり配合できないのです。

「ウソでしょう??」って思う方もいるかもしれませんが、某大手の化粧品の製造をしている研究室の取材で聞いたことなので本当だと思いますよ。

化粧水の一番の効果はその「ここちよさ」清涼感とここちよい気分のために使っているようなものなのです。ですから化粧水というアイテムはスキンケアで必要不可欠なもの、というわけではありません。

ただ使うからには効果を求めたいですよね。私もそうです。だから毛穴対策にはそれにマッチした化粧水選びをしましょう。

おすすめはビタミンCの成分が入って化粧水です。

ビタミンC誘導体はよく知られている成分ですが、毛穴の引き締め効果はもちろん、抗酸化や美白などもあわせもつすぐれた成分です。しかもクリーム等油分を中心とした成分の化粧品より水分を中心とした化粧品の方が安定性が高まる成分とか。

ちょっとマニアックな話にはなりますが、ビタミンC誘導型の成分の中でよいとされているのが「リン酸型」「APPS」といわれる新しいタイプのもの。

よく巷でかなり前から耳にする「生ビタミンC」とか「純粋なビタミンC」といわれるアスコルビン酸ですが、これを浸透しやすい形にしたのがビタミンC誘導体。

成分表記ではリン酸型は「リン酸アスコルビル」APPSは「パルミチン酸アスコルビル酸3Na」と表示されています。化粧水の全成分表記で確認できできますので、参考にしてみてはいかがでしょう?

さて、化粧水のつけ方ですが、コットンは必要ないのではないでしょうか?

コットンを肌の上にすべらせるたびに、力をいれてこすってしまったり、強くパッティングしてしまったりしがちです。

ゴシゴシこすったり、強くパッティングすることでコットンの繊維の刺激が、角層に小さな傷をつけることもあるのです。

角層に傷がついてしまうと、外部の刺激が肌で起こることになり、乾燥して肌トラブルになることも。

肌でつけるとムラになるという説もありますが、角層を傷つけてしまうリスクは回避されると思われます。