毛穴に効く美顔器は?

メイクアップ製品

メイクアップ製品の場合は毛穴対策というよりは、毛穴の開きを目立たせないための対処法として紹介します。

いわゆる毛穴レスのためのメイクアップ製品と選び方です。

毛穴の黒ずみを気にしているいる場合、ファンデーションの色は、肌より明るものははNG。

黒ずみ部分が強調されてしまいます。

自分の首の色と肌の色に近いものを選び、できるだけ明るくなり過ぎないようにしましょう。

また、部分的な黒ずみだけどうにかしたいということであれば、少しトーン暗めのコンシーラーを選びます。

トントンと叩き込むようにつけるてカバーを。

また黒ずみを隠すためにファンデーションは厚くぬるのは間違いです。

厚塗りをしてしまうと、その部分が不自然に目立ってしまいます。

下地も部分用コンシーラーもまたは薄く塗ることを意識しましょう。

また薄く塗ることで皮脂による化粧くずれも起きにくくなるので一石二鳥です。

ちょっとマニアックな話で、ファンデーションなどベースメイクの成分ですが、

シリコン系(ジメチコン、ポリマー等)の下地、ファンデーションを使ったほうがよいと思います。

メイクによって毛穴の凹凸部分を綺麗に埋めて目立たなく見せてくれるのです。

仕上げのフェイスパウダー、お粉についてですが毛穴カバーのためには、ややマットなフェイスパウダーがおすすめです。

粒子が細かく、ややマットなフェイスパウダーは、肌をふんわりと見せて、開いた毛穴をメイクによって自然にカバーしてくれます。

方法は超簡単です。大きめのブラシに含ませ、広い部分にさっと塗るだけです。

なおフェイスパウダーを顔全体にしっかりと塗ってしまうと、メイク崩れの原因になることがあるのでこれはやらんばいようにしましょうね。

最後にメイク直しについてです。

日中のメイク直しはティッシュペーパーなどで軽く皮脂を押さえて、過剰な皮脂を取り除きます。

過剰な皮脂は時間が経つと、雑菌とまざりあい、悪い皮脂に変化をして肌の負担となる可能性があるので取り除く必要があるのです。

おすすめはティッシュペーパーです。

あぶら取り紙の場合、使い過ぎは「必要な皮脂まで奪ってしまうから良くない」という説もあります。

まあ、1日に1.2回程度の使用であれば、皮脂を取り過ぎるということはないと思いますので大丈夫かと思いますよ。