毛穴に効く美顔器は?

毛穴の悩みとは

まず毛穴の役割を知ってみよう!

毛穴とは「毛が生えるための穴」のことで、正式な医学名では「毛包(もうほう)」と呼ばれます。肌1センチ平方メートル(1cm×1cm)の中に平均20個は毛穴があると言われています。

実は顔・手・足…とパーツで毛穴の数は違っていて、肌表面の中でも特に顔は毛穴が数が多くて、約20万個の毛穴が存在するそうです。

毛穴の大きな役割の一つに皮脂を分泌して肌表面を覆うことで“皮膚の水分蒸発を防ぐ”ことがあります。

顔に多く存在する毛穴は「美肌を保つための要のパーツ」と言えるのかもしれませんね。

  • 役割1

    外部刺激からガード

    毛穴の奥にある「皮脂腺」から皮脂が分泌され、皮脂の膜をつくって外部の様々な刺激(悪い細菌や、過剰な水分蒸発、擦り傷や切り傷)から守ってくれます。

    皮脂膜は、汗などの水分と皮脂がまじりあったもので、私達が普段使っているクリームのような役割をになっています。

  • 役割2

    体温調節

    毛穴には立毛筋という筋肉があり、寒くなると毛を立てたり、毛穴を閉じたりして私達の体温調整をします。

    いわゆる鳥肌は立毛筋が収縮し、毛の隙間の空気層も厚くなり、暖かさがキープしているような状態です。

  • 役割3

    フェロモンを分泌

    アポクリン腺は「ワキガ」の原因のひとつで、あまりイメージがよくない方も多いとは思いますが、アポクリン腺自体は無臭なのです。

    適度であればフェロモン効果があり、顔ではほとんど耳の後ろや中にしか存在しません。

毛穴はすこやかな肌表面のために絶え間なくこの3つの働きをおこなっており、それゆえに「最も繊細で敏感な箇所」で体調不良や体の異常が真っ先に出やすいところでもあります。

毛穴の異常を放っておくと、美肌の要である肌のバリア機能が弱まってしまいます。

逆に、きちんとケアをすれば、健康や美しさの面で大きな効果が期待できるところでもあります。

特に気になるTゾーン

テカり、毛穴の開きなど、Tゾーンの毛穴対策のための商品がたくさん販売されている事からもわかるように、このおでこから鼻にかけてのパーツは本当に悩みが尽きないですね。

鼻の汚れと言えば、やはり一番気になるのは鼻の毛穴の詰まりや黒ずみ。

鼻を触るとなんだかざらついていたり、毛穴がポツポツとしていたり。

これは角栓が詰まっている可能性があります。

この角栓が詰まっていると、毛穴が開いて広がり、皮脂や汚れがその毛穴の開きにたまることに。

その結果、ニキビなどの肌トラブルへ発展していくこともありますから、早めにとりのぞかなければなりません。

一方、「触った感じはつるつるなのに、なんだか毛穴が目立つ」という方も。

この場合は毛穴が開いている状態です。

毛穴が開くのは、皮脂分泌のバランスがくずれ皮脂が過剰になり、肌が乾燥することで起こります。

毛穴が開いていると肌がでこぼこしてきます。

このでこぼこが影となり、毛穴が目立って見えてきてしまうわけです。

角栓は、皮脂とはがれ落ちた皮膚組織とたんぱく質が合わさったものです。

目に見えるムダなものですから、ついこすってしまったり、無理に押しだしたりしてしまうという方が多いと思います。

でもなかなかなくならない、かえって傷になってしまった。

また、取り除いてもまた角栓が出来てしまい同じことの繰り返し…。

ここでは根本的に角栓をなくすための方法をここに取り上げたいとおもいます。

  • 対策1肌のターンオーバーを整える

    角栓の7割はタンパク質でできています。このタンパク質は剥がれおちた皮膚、いわば角質です。

    肌のターンオーバーがうまくいかないと、剥がれるべき角質以外の未熟な皮膚が一緒に剥がれてしまいます。

    その結果、本来であれば目には見えないような細かさになって剥がれおちるべき角質が、残り3割の皮脂と固まった状態で、毛穴や肌表面に残留してしまうのです。

    ピーリングなども活用してや生活リズムを整えることが必要です。

    まずは剥がれおちた角質が肌に残らないようにすることが、角栓解決の1つになるんですね。

  • 対策2肌を乾燥させない

    角栓が出来てしまうのはある程度はやむをえないことですが、その角栓が残ってしまうということが問題です。

    いらない角質のみをスムーズに剥がれおちるという肌本来のサイクルが機能していないのがよくありません。

    それは乾燥によって肌本来持つべき水分量が足りてないことも大きな原因でもあります。

    水分たっぷりのお肌ふっくらとして、毛穴も目立ちません。角栓もできるスペースがなければ皮脂や角質が毛穴に溜まり続けてしまうことにはならないわけです。

    皮脂を取るばかりではなく、水分を与え、それを保持することが必要なのです。

    鼻の皮脂がすごくてメイクが浮いてる、ムラになっている-。

    なんてことは日常茶飯事ですよね。

    それは確かに皮脂がたくさん出ているからに他なりません。

    ですが、出てきた皮脂を取り去るだけでは、根本的に解決しません。

    皮脂は無闇に分泌されているわけではありません。実は皮脂は肌を守る為に分泌されているのです。

    お肌は乾燥に弱く、一定の水分や皮脂が無ければ、バリア機能が低下してしまいます。

    それをカバーするために皮脂が分泌されるのです。

    しっかりとお肌に水分を入れて保湿してあげることが、皮脂の分泌を抑えられることにつながるのです。

  • 対策3脂質を抑えた食事や睡眠時間の確保

    食事のバランスや睡眠によってもお肌の調子は改善します。

    脂質が多い食事を続ければ、自然と皮脂の分泌も増えてしまいます。

    また、睡眠時間が足りなくなってしまうと、男性ホルモンの分泌が増えてしまい、皮脂分泌もさかんになってしまいます。

    毛穴ケアは直接角栓を取ることではなく、お肌のターンオーバーを整えることや保湿、皮脂分泌のコントロールなどが根本的な解決法なのです。

    確かに目に見えて毛穴がキレイになるととても嬉しいし気分もスッキリします。

    もちろんそういった直接的アプローチケアも必要です。

    それとあわせ、ライフスタイルの見直しをすることも毛穴ケアには不可欠であるようですね。